« どこからでも録画データを観る方法について考える | トップページ | どこからでもMP3を聴く方法について考える (12/27改訂) »

2011年12月15日 (木)

どこからでもMP3を聴く方法について考える (旧)

 本題とは外れるのだが……


111215a


 みう先輩が可愛すぎてヤバい。

 何がヤバいって主にお財布が。

 今期はWORKING'!!のBlu-rayを買い始め、来期はパパ聞きが控えているというのに。しかもパパ聞きは2クールの長期マラソンになるというのに。

 とりあえずましろ色シンフォニー1巻をアマゾンでポチったが……なんでAT-Xの視聴加入者様限定販売は1巻だけないんだろう? ここが一番安いんだけどなぁ……

※12/27追記 AT-Xの視聴加入者様限定販売に1巻もあったので注文し直した。12/15の時点では確かになかったんだが……

 そしてメインヒロイン(だったんじゃないのか?)


111215b


 小野涼子 < 愛理とはなんだったのか (by ぬこラジ)

 いやほんと、一緒に風呂にまで入った愛理が意味不明すぎる。下僕宣言までしたアンジェにしてもスポットライトすら当たらない桜乃にしても不憫すぎるなー……。みんな可愛いんだけどなぁ。

 愛理のジト目も、窓から覗くまん丸お目々のアンジェも可愛すぎてヤバい。




 さて、では本題。

 前回に引き続いて自宅にあるデータをどこからでも視聴する方法を考えてみる。

 前回は録画データの視聴に関して、ファイルサイズの大きさがネックになっていてそのまま視聴するのが困難であるという結論に達し、半ば諦め気味でAirVideoで我慢することにした。Wi-Fi接続でも若干厳しいというのに、auの3G回線ではどうしようもないわなー。というわけで録画データに関しては一旦終了。

 ……が、1つクリアするとまた別の要望が出てくるわけで。



 私のiPhoneは主にメールやネット等の本来の用途以外ではウェブラジオを聴くツールと化しているのだが、BD特典で入っていたラジオのデータや、購入したDJCD等はiPhoneに入れていないので、これを自宅サーバに入れておいてアクセスできるようにしよう、と。

 録画データの方はAirVideoで行くことにしたものの、AirVideoは音声のみのデータに対応していない。

 そんなわけで、前回の記事にきみ氏より戴いたコメントにあったVPN接続を試してみることにしたのだが……上手く繋がらない(-_-;

 ルータの方はVPNマルチパススルーに対応していて、自宅内LAN経由なら繋がるのだが、インターネット経由だと繋がらないという状況。しかも、WindowsXPのPPTPサーバ機能を使ってサーバを起動すると、今度はAirVideoがサーバを認識しなくなってしまった。PPTPサーバを落とすと認識するので、両方使うのは無理ってことなのかな。

 そもそも、ルータの方の説明書を見ると同シリーズで同じマニュアルになっていてPPTPの設定方法が書いてあるのだが、私の機種は同じように設定するための項目がない。ほんとに対応してるの? と思いつついろいろ試してみたがやはり繋がらない。ルータを経由しなければ繋がるということはやはりルータに問題があるのか。かと言って対応したルータに買い替えるのも……。

 また、録画用PCが一日中付けっぱなしだからこれを利用しようと考えていたが、やはりフリーズした場合の録画漏れや深夜の会社で閲覧しようとした時に肝心のサーバが止まっているようでは意味がない。そんなわけで。



 ルータがだめならNASを買えばいいじゃない。



 いろいろ考えた挙げ句、WEBアクセス機能の付いたNASを購入することにした。
 数ヶ月前に会社で使うNASを購入しており、3TBモデルをミラーリングにして1.5TBで運用している。物はこちら→BUFFAL Link Station LS-WX3.0TL/R1

 会社のパソコンがMacなので作業データの保存用とTimeMachineでのバックアップ用に使用している。管理しているのも私なので、これをちょっと試させてもらって、目的の用途に見合うようならNAS購入に踏み切ろうという算段。

 結果的には何の問題もなく繋がり、NASに入れておいたMP3ファイルを3G回線経由で再生できた。AirVideo用に変換したMPEG4のデータも再生できた。これは便利。この方向で行こう。




 そんなわけで実際に購入商品を探してみたのだが、やはり昨今のハードディスク事情は厳しく、上記NASを購入した際は3.0TBモデルを¥22,000-程度で購入したのだが、この商品の後継機で2.0TBモデルのBUFFAL Link Station LS-WX2.0TL/R1Jが¥30,000-強という状況。

 また、このBaffaloのNASはiPhoneに専用のアプリをインストールしてアクセスするようになっている。

 そんなわけで価格的にも容量的にも迷いが生じつつもいろいろ物色して、一番良さげかな?と思ったのがこちら→I-O DATA LAN DISK HDL2-A2.0

 2.0TBで¥25,000-強でBuffaloの製品より高速、WEBアクセスは専用のアプリではなくウェブブラウザからアクセスするようになっている。専用アプリ形式の場合、OSがアップデートした際等にアプリが起動しなくなったりする場合があり、対応版がリリースされるまでアクセスできなくなる可能性があるということで、ブラウザからアクセスする形式になっているようだ。これならSafari以外のブラウザからでもアクセスできるので便利ではなかろうか。

 速度も、Baffaloの製品が非常に遅く、ミラーリングで使用しているからさらに遅くてイライラさせられていたが、表示速度が倍以上ということなら実測でそこまで出なくても少しは快適ではないだろうか。

 そんなわけで、I-O DATA LAN DISK HDL2-A2.0を購入した。


111215c


 USB接続のHDDをNASにするUSBメディアサーバと合わせてDLNAサーバが2つになってしまった。USBメディアサーバも外して別の使い道でも探してみようか。これに繋げていた1.0TBのHDDはI-O DATAのNASに繋げてしまってもいいかも知れない。




 実際に接続してみて、各種セットアップを済ませ、共有フォルダにデータをコピーし、iPhoneで接続してみた。






めんどくせええええええ!(゚Д゚)





 何が面倒かというと、WEBアクセスのログインが非常に面倒。

※12/27改訂 以下の内容が判りにくいとの指摘を受け、書き直すことにした。ここから先は新しい記事を参照のこと。

 Buffaloの製品の場合、専用アプリをインストールし、初期設定でNASの共有フォルダを設定しておけばあとはアプリ起動も含めて2〜3タップで目的のフォルダに到達する。2タップで下の画像は共有フォルダ(ish)までたどり着いた画面。


111215e


 アプリ起動→登録済NASを選択という2タップで上記画面までたどり着けるので、指一本で簡単に共有フォルダにアクセスできる。

 が、しかし、I-O DATAの場合、ウェブブラウザを起動し、http://rm2.iobb.netへアクセスし、サーバ名を入力し、ユーザー名とパスワードを入力し(ここはブラウザが記憶してくれる)、ようやく共有フォルダにたどり着くことができる。下の画像は、ホーム画面に作成したhttp://rm2.iobb.netへのショートカットのタップから、数十タップかかって共有フォルダ(Lindwurm)にたどり着いたところ。サーバ名を短くすればタップ数は減らせるが……


111215d


 毎回サーバ名を入力しなければならないのが非常に面倒。ショートカットを作成しようにも、自宅内LANで接続している場合とインターネット経由で接続している場合でアクセス先が違うので、結局最初にhttp://rm2.iobb.netへアクセスしてからサーバ名入力となる。

 めんどくさいなぁ(´・ω・`)

 上手く行ったらこれにAirVideo用に変換した動画も入れようかと思っていたが、AirVideoなら1タップでサーバ選択画面になるしこっちの方が早い。下の画像はAirVideoのアイコンをタップしてサーバ選択画面を開いたところ。こちらも自宅内LAN接続の場合とインターネット経由の場合で接続先が違うものの、どちらも登録さえしておけばサーバ選択は1タップで済む。


111215f


 うーん、もう少し調べてから買うべきだったか。Buffaloの後継機が72MB/s、I-O DATAのが100MB/s、容量2.0TBで¥6,000-くらいの差があるので、面倒じゃない人はI-O DATAのでいいのかも。

 そんなわけで、とりあえず目的は達成できた。不満は残るけど(苦笑) I-O DATAにももうちょっと簡単にならないかと要望は出した。

 面倒ではあるが、よく聴くのにリッピングせずにCDから聴いていたドラマCDやらCD-DAで収録されているDJCDなんかをリッピングする作業に入ろうか。


|

« どこからでも録画データを観る方法について考える | トップページ | どこからでもMP3を聴く方法について考える (12/27改訂) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1132412/43385162

この記事へのトラックバック一覧です: どこからでもMP3を聴く方法について考える (旧):

« どこからでも録画データを観る方法について考える | トップページ | どこからでもMP3を聴く方法について考える (12/27改訂) »